自分で出来る血流を良くする方法を調べよう

女の人

全身の細胞が酸欠になる

女性

一緒に摂ることが必要です

貧血の中で最も多い鉄欠乏症貧血は骨髄での赤血球の生産量が低下することが原因です。鉄欠乏症貧血の予防と改善するには普段の食生活で鉄分を摂ることが大切です。貧血の予防ですぐ思い浮かぶ食べ物と言えばレバーですが、鉄を多く含みたんぱく質も豊富なので、積極的に摂りたい食材です。他に鉄分が多い食材は、豚や牛の赤身肉、まぐろ、かつお、アサリ、蜆などの魚介類、ひじきなどの海藻類があります。鉄分の多い食材だけを食べるのではなく、鉄の吸収をアップさせるビタミンCやたんぱく質、赤血球を作るのに欠かせない葉酸やビタミンB12を一緒に摂ることが必要です。サプリメントで鉄分を補うことも有効ですが、過剰摂取にならないように気をつけましょう。

女性に多く見られます

貧血は血液中の赤血球や、その中に含まれるヘモグロビンの量が正常よりも少ない状態のことを言います。赤血球は体全体の細胞に酸素を運ぶ役割を担っていて、赤血球が足りなくなることで体内の細胞は酸欠状態に陥り、色々な症状があらわれます。貧血はゆっくりと進行していくので、急な症状があらわれることはありません。なんとなく疲れやすい、顔色が良くない、頭痛がする、動悸、息切れ、めまいがするといった、体具合の悪さから始まり、髪の毛が抜けたり、爪が薄くなったりという症状もあらわれてきます。鉄欠乏性貧血は女性に多く見られます。主な原因は毎月の月経で赤血球は排出されますし、ダイエットをして食べ物を減らし栄養不足になり赤血球の材料が足りなくなることです。